読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安いだけじゃないチャーター便

いろいろあるんです

イノベーター

宅配便は,こうした規制緩和を事実上先取りして実質的に実行したのである。かかる意味で宅配便の成長は,従来の規制を変えていく力を持つとともに,薪たな規制緩和を作り出す要素として機能していたのである。以上のように,宅配便はみずから技術革新によって高…

集約物流センターを設置

ロジスティクスマネジメントとはモノの流れを戦略的・体系的に管理すること。物流管理とは定期的な数宇をもとに物流を管理すること。 経営におけるロジスティクスの役割「物流システムのことはすべて物流部門に俵せておけばいい。経営者にとっては物流よりも…

貨物輸送

最近では貨物輸送では国内だけにとどまらないようになってきました。海外では主に航空機を使った輸送が行われています。 そんななか大手が果たす役割は多く、ヤマトは昔から業界のリーダーとして旗を振り続けてきました。国内の貨物輸送では、 貨物の輸送・…

部品納入

部品納入は生産物流の状況を見ながら行われるので、工場はムダな在庫を持つ必要がなくなります。また生産された部品は緻密な販売計画、販売予測に基づいて行われます。したがって売残りや欠品は最小限に抑えられます。すなわち、調達から消費にいたるまでの…

路線網の拡大

宅配便が一般的なものになってきたのは近年のことなのである。積極的な免許申請と公聴会での主張を繰り返し,実質的に参入規制をクリアして路線網の拡大を実現していったのである。世界的な規制緩和の流れのなかで,従来の運輸業への規制を大幅に緩和した「物…

物流体系

物流体系について考えてみましょう。物流体系のなかで、「モノがどのように流れていくか」ということを管理します。部分最適ではなく、全体最適の実現を目揺すといってもよいでしょう。これらを4つに大別できます。この領域を通しての一連のモノの流れ(フロ…

一般的な配送

一般的な配送には宅急便が使われるのが、法人の配送はJITBOXチャーター便が割と使われる。詳細はコチラから。

在庫の有効活用

このように、拠点集約という取り組みは物流コストのみならず、在庫の有効活用という点でも大きな効果を発揮するわけです。 基本的に、在庫を流通段階には配置しないという仕組みとしては、もう一つ「クロス・ドッキング」というやり方があります。

拠点集約

既存の納期の中で拠点集約を行う場合、このように時間を有効活用するという方策が採られます。 在庫の有効活用を図る拠点集約は、コスト削減だけでなく、在庫の有効活用にも効果を発揮します。 言うまでもありませんが、物流拠点の数が多いと、その分在庫が…

各地に輸送

高速道路を使って各地に輸送すれば、翌日の朝には本州内ならどこにでも到着できます。到着した先に、小型の配送車に積み替えるスペースがあればいいのです。大型車で送られてきた注文品を配送用の小型車に積み替えるわけです。積み替えて、配達に出発すれば…

物流拠点を集約

物流拠点を集約するにはどうしたらいいでしょうか。ポイントは、これまで使っていなかった「時間」を使うということです。それは、夜の時間を使うということです。たとえば、東日本を管轄する拠点と西日本を管轄する拠点を関東圏と関西圏に2ヵ所持ったとしま…

現行の納期のまま

物流拠点のコスト削減について考えます。たとえば、こういう事例があります。毎日お昼に注文を締めて、翌日午前中あるいは翌日中に納品をするという納期の会社があったとします。 この納期を守るために、この会社は全国8ヵ所に在庫を持った物流拠点を持って…

宅急便コレクトサービス

同社では、輸送から、代金回収、差出人への入金をしています。ヤマトからの支払いは、締切日を定めて一括清算しています。簡単に言えば、決済業務に手間をかけず、コストもかからない仕組みです。わざわざ大都会に出なくても、喜んでもらえるものをつくれば…

代行手数料

代行手数料は、配達した商品の個数に応じて1件いくらでいただきます。ただし、商晶の代金によって手数料には幅があります。最低ランクの1万円未満のものは300円です。通信販売は、ある意味で参入しやすい事業ですが、顧客のニーズをどう商品に反映させるか、…

営業所

営業所では、その情報をもとにして通常の宅急便と区別して保管し、いつ配達したらよいかを確認したうえで配達します。 商品の代金は、配達時に直接、回収します。回収した商品の代金は、5日サイクルの短期間で清算し、指定の銀行口座に振り込みます。 しかも…

一連の業務を代行

たとえば、通販業者がヤマトコレクトサービスと契約を結ぶと、ヤマトコレクトサービスは、通販業者の指示に従って商晶を預かり、配達から代金回収、決済までの一連の業務を代行します。 必要であれば、受注代行センターで電話による受注も請け負います。商品…

大型の荷物配送

今は当たり前である、通信販売ですが、当時ネックとなったのはものがあります。問題は、代金回収です。運送業者を通じて入金したり、郵便振り込みでお客さまにお願いしたり、なかには返品する人もいるでしょうし、なかなか入金されない人もいます。 しかし、…