読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安いだけじゃないチャーター便

いろいろあるんです

拠点集約

 


既存の納期の中で拠点集約を行う場合、
このように時間を有効活用するという方策が採られます。

在庫の有効活用を図る拠点集約は、コスト削減だけでなく、
在庫の有効活用にも効果を発揮します。

言うまでもありませんが、物流拠点の数が多いと、その分在庫が分散します。
この場合、必然的に、在庫をどう分散配置するかという課題が生まれます。
この配置がうまくいかないと、物流拠点に過剰在庫ができたり、欠品が生じたりします。そのようなムダを生まないために、在庫補充システムが活躍するわけですが、
在庫を置く拠点の数を絞り込んでしまえば、そのような問題は一気になくなります。

先ほどの例で言えば、6ヵ所に在庫を配置するよりは、2ヵ所に在庫を配置する方が、
間違いなく在庫の有効活用を図れるということです。